遠い田舎の実家・空き家を何とかしたい!誰に相談すればいいの?

遠方にある故郷の実家が空き家で負担になっている。何とかしたいけど、どこに相談すればいいの?

…というお悩み、本当に多いと思います。

そんなときは、まずご自身で「最終的にどうしたいか?」を再確認するといいですよ。

その原因や目的によって、ベストな相談先が異なるからです。

田舎の実家・空き家の悩みもいろいろ

  • 除草や除雪に疲れた誰かに頼みたい
  • お金だけが出て毎月マイナス維持コストを下げたい
  • 処分したいのに売れない“お荷物”を引き取ってほしい
  • 思い出のある家をできれば残したい活用策を知りたい
  • 所有する親が認知症で勝手に動かせない法律的な手続きを知りたい

…など、空き家に関する相談事例も多岐にわたります。

あなたは今、どんな理由で何に悩み、家をどうしたいでしょうか?

空き家に関する相談先あれこれ

相談先の一例をいくつか挙げてみます。

長野市の空き家対策室

空き家対策の支援を行っており、“総合窓口”といった位置づけだと思ってください。目的に応じた各種団体の連絡先を案内してくれたり、空き家バンクや補助金などについて教えてくれます。

参考:https://www.city.nagano.nagano.jp/site/osirase/156541.html

司法書士・行政書士など

相続や遺産分割協議、不動産の登記などに関する相談は、それぞれの専門家へ。「親が認知症で、家の管理のため成年後見人を立てたい」という場合には、長野市成年後見支援センターがサポートしてくれます。

参考:https://www.csw-naganocity.or.jp/page-c/service/nagano-city-adult-guardianship-support-center

不動産会社

家を貸したい・売りたいという希望が定まっているなら、不動産会社に査定を依頼するとスムーズです。ただし、ニーズが低いエリアの物件だと受け付けてもらえない場合もあります。

空き家管理業者

「家を使う予定は当面無いけど、管理の手間を省きたい」という場合は、空き家の巡回・管理サービスを利用するといいでしょう。防犯対策にもなり、ご近所に迷惑をかけることも少なくなるでしょう。

まとめ

空き家になった経緯や、ご家庭の事情は千差万別です。お悩みに合った相談先が見つけてください。

もちろん、私も空き家のご相談を何でも承ります。現地の状況も確認した上でアドバイスしますので、単に窓口を紹介するだけでは終わりません。

宅建士の資格もありますし、建築士も社におります。様々な角度からお困りごとを解決できると思います。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。